医療の記事一覧

16 件みつかりました。

  • 緩和ケアとターミナルケア
    緩和ケアとターミナルケア
    【救命・延命から自分らしい「死」へ】  今年6月、乳がんにより闘病生活を送っていたアナウンサーの小林麻央さんが亡くなりました。最期の時間を家族とともに自宅で過ごしながら、日々の闘病生活をブログで発信し続けた小林さんの死を通して、在宅での緩和ケアについて考えてみました。
    記事全文を読む
  • がんや難病は再生医療で克服できるか
    がんや難病は再生医療で克服できるか
    【〝夢の医療″といわれる再生医療を追う】  ケガや病気で失った体の組織や機能を再生する「再生医療」が、がんや難病の治療に向けて実用段階に入ってきました。再生医療は身体の細胞を使って病気を克服する新しい医療で、薬や手術ではなく人間が本来持っている回復力を生かして健康な身体に戻す治療法です。とくにiPS細胞を用いた臨床研究では目の難病治療が始まり、パーキンソン病やさまざまながん疾
    記事全文を読む
  • 後発医薬品(ジェネリック)とは
    後発医薬品(ジェネリック)とは
    【40兆円を超える国民医療費 医療費削減の切り札になるか?】 医療機関で処方される医療用医薬品には、先発医薬品(新薬)と後発医薬品(ジェネリック医薬品)の2種類があります。新薬の開発には、10~17年という長い年月と数100億円から数1000億円といった莫大な投資が行われ、このコストが薬の値段に反映されています。  ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に作られて販売さ
    記事全文を読む
  • ガンはどこまで克服されたか
    ガンはどこまで克服されたか
    日本人の2人に1人が発病し、死因のトップにあげられるガン。厚生労働省の調査では3人に1人がガンによって命を落としています。しかしガンは必ずしも死に至る病ではなくなりつつあります。  ガンは細胞の遺伝子が傷ついて起こる「遺伝子の病気」ですが、最近の研究でガンのメカニズムが次第に明らかになり、新しいガン治療の研究が進んでいます。ガンはどこまで克服されたのでしょうか。
    記事全文を読む
  • 深刻化する看護師不足
    深刻化する看護師不足
    【高い離職率が最大の要因】  高齢化社会に入り、医療従事者への期待は高まるばかりです。しかし、以前から医療分野で医師とともに大きな役割を占めてきた看護師が不足し続けています。歯科医師はすでに飽和状態に達し、薬剤師も近い将来には過剰時代になると予想される中、なぜ看護師がこれほど不足しているのでしょうか。
    記事全文を読む
  • 脳の仕組みや働きを考える
    脳の仕組みや働きを考える
    【人のやる気や能力はどこから生まれる】  勉強やスポーツでやる気や能率アップに脳はどのように関わっているのでしょうか。脳の仕組みや働きを研究する脳科学は「人類最後のフロンティア」ともいわれ、医療や先端技術の分野で大きな期待が寄せられています。心と体を支える脳について考えてみましょう。
    記事全文を読む
  • 西アフリカで猛威をふるう「エボラ出血熱」
    西アフリカで猛威をふるう「エボラ出血熱」
    【10月15日現在、8,994人が感染し死者は4,492人に 致死率が最高90%に達することも】  西アフリカでエボラウイルスによる「エボラ出血熱」が猛威をふるい、過去最大の規模で感染が広がっています。今年8月、WHOは感染が広がる西アフリカだけではなく、全世界に対してエボラ出血熱に対する対策の強化を呼びかけました。エボラ出血熱を引き起こすエボラウイルスの正体とは?感染拡大の
    記事全文を読む
  • どうなる高齢社会と日本の医療
    どうなる高齢社会と日本の医療
    【国民の健康を支える医療制度を考える】  日本は世界一の長寿国ですが、これを支えているのがすべての国民が公的医療保険に加入している「国民皆保険制度」だといわれます。  しかし、高齢社会の進展で医療費は年々増大し、医療の地域間格差や医師・看護師不足、医療自由化の動きなど多くの問題を抱えています。国民の健康を支える医療制度を考えてみました。
    記事全文を読む
  • 難病は克服できるか?現状とその対策について考える
    難病は克服できるか?現状とその対策について考える
     日本は世界一の長寿国ですが、一方で多くの人が原因不明で治療法が確立されていない「難病」に苦しんでいます。現在、経済的・身体的に日常生活に支障のある約80万人の難病患者が、国や自治体から医療費の助成を受けています。  最近、iPS細胞を活用した難病治療の研究が始まりました。近い将来難病は克服できるでしょうか。
    記事全文を読む
  • 若者を中心に 「新型うつ病」が増加
    若者を中心に 「新型うつ病」が増加
    - 医学的定義や学術上の根拠は不明 -  厚生労働省が全国の医療機関に対して3年ごとに実施している「患者調査」によると、気分障害患者(うつ病など)数はここ12年間で2・4倍に増加し、2008年には104万1000人にも達しています。うつ病患者の医療機関への受診率は低いことが分かっており、実際にはもっと多くの患者がいると推測されています。  こうした中、近年20〜30代前半の若
    記事全文を読む

16 件みつかりました。

バナー
デジタル新聞

企画特集

注目の職業特集

  • 歯科技工士
    歯科技工士 歯科技工士はこんな人 歯の治療に使う義歯などを作ったり加工や修理な
  • 歯科衛生士
    歯科衛生士 歯科衛生士はこんな人 歯科医師の診療の補助や歯科保険指導をする仕事
  • 診療放射線技師
    診療放射線技師 診療放射線技師はこんな人 治療やレントゲン撮影など医療目的の放射線
  • 臨床工学技士
    臨床工学技士 臨床工学技士はこんな人 病院で使われる高度な医療機器の操作や点検・

[PR] イチオシ情報

媒体資料・広告掲載について