環境の記事一覧

40 件みつかりました。

  • 脱化石燃料にシフトする国際社会
    脱化石燃料にシフトする国際社会
    【パリ協定と地球温暖化対策を検証する】  21世紀末までに地球の平均気温上昇を産業革命前に比べ2℃未満に抑え、さらに1.5℃以下にできるよう努力する―という目標を掲げたパリ協定が2016年11月に発効し、20年から始動します。これにともない、国際社会は一斉に脱化石燃料へ舵を切り始めました。ガソリン車からEV(電気自動車)への転換、再生可能エネルギーの積極活用、森林保全と持続的
    記事全文を読む
  • 人里に現れ、人間や農作物に大きな被害
    人里に現れ、人間や農作物に大きな被害
    【里山の崩壊で野生動物の生態系に変化】  日本各地で野生動物が人間に危害を与えたり、農作物を荒らすといったニュースがしばしば報道されています。農林水産省が調査を始めた1999年度以降、野生鳥獣による農作物の被害額は毎年200億円前後で推移しています。こうした被害は、被害額として現れる以上に、日本の社会に暗い影を投げかけています。日本人が古くから育み、利用してきた里山が崩壊の危
    記事全文を読む
  • 太陽の爆発現象「太陽フレア」
    太陽の爆発現象「太陽フレア」
    【GPS誤差や停電など地球に多大な影響】  太陽の表面で起こる爆発は太陽フレアと呼ばれ、太陽の黒点のあたりで起こる現象です。昨年9月には、太陽フレアの規模を示す5段階の等級で最大級の「Xクラス」の爆発が起き、地球への影響が心配されました。太陽フレアとはどういう現象なのか、地球にどのような影響を与えるのでしょうか。
    記事全文を読む
  • 南米原産の猛毒アリ「ヒアリ」を発見
    南米原産の猛毒アリ「ヒアリ」を発見
    【危険なヒアリから身を守るために!!】  猛毒アリとして知られる「ヒアリ」が今年5月下旬、兵庫県の尼崎市に運ばれたコンテナから発見されました。それ以降、神戸港や愛知県弥富市のコンテナヤード、大阪市の南港、さらに東京の大井ふ頭や横浜港などで相次いで発見されています。中でも、大阪南港では初めてヒアリの女王アリが見つかり、日本での定着が心配されています。こうした事態を受け、政府はヒ
    記事全文を読む
  • 原発の後始末を考える
    原発の後始末を考える
    【廃炉のプロセスと放射性廃棄物の最終処分】  東京電力福島第1原発事故から6年。廃炉作業は難航し、汚染物質・汚染水の処理や溶融燃料の除去など困難な課題がのしかかっています。日本には稼働実績のある商用原発が57基あり、事故や老朽化などで当面15基を超える原子炉が廃炉されます。廃炉作業は30年から40年の長い年月と膨大な費用が伴います。しかも、使用済み核燃料の中間処理や放射性廃棄
    記事全文を読む
  • 南海トラフ巨大地震に備えよう
    南海トラフ巨大地震に備えよう
    【被害想定では最大死者数32万3千人、被害額約220兆円】  南海トラフ巨大地震とは、静岡県の駿河湾から四国沖まで約700㎞を震源とする東海地震、東南海地震、南海地震が連動して発生するマグニチュード8から9クラスの地震のことです。国の有識者会議の被害想定では、南海トラフ巨大地震が発生すると、死者数は最大で32万3千人に上るとされています。2016年6月に公表された全国地震予測
    記事全文を読む
  • 生態系に悪影響を及ぼす外来生物
    生態系に悪影響を及ぼす外来生物
     外来生物とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことです。外来生物の中には、農作物の育成や畜産業、また生活を潤してくれるペットのように私達の暮らしに欠かせないものもあります。しかし、中には移動先の生態系や人の生命、農林水産業に被害を及ぼす外来生物もいます。いま、この外来生物による被害が各方面で数多く報告され社会問題となっていま
    記事全文を読む
  • 廃スマホから東京五輪のメダルを作る
    廃スマホから東京五輪のメダルを作る
    【街中に眠る金属資源、都市鉱山とは?】  2020年に開催される東京五輪のメダルを、使用済みのスマホや携帯電話などから作る準備が進んでいます。廃棄された家電や電子機器にはさまざまな金属が含まれており、これらは「都市鉱山」と呼ばれます。金、銀、銅などの貴金属だけでなく、先端的な工業製品に欠かせないチタンや、コバルト、ニッケルといったレアメタルなども含まれ、日本は世界有数の鉱物資
    記事全文を読む
  • 「食品ロス」を削減するために
    「食品ロス」を削減するために
    【フランスでは食料廃棄を法律で禁止フランスでは食料廃棄を法律で禁止】  農林水産省によると、2013年の日本の年間食品廃棄物は2797万トンと推計されています。このうち約632万トンは、売れ残りや期限切れの食品や食べ残しなど、本来食べられるはずの食品です。まだ食べられるのに捨てられている食品を「食品ロス」と呼んでいます。  2004年にノーベル平和賞を受賞したケニアの環境保護
    記事全文を読む
  • 「猫ブーム」の陰で―日本人と猫の歴史から考えるペットとの共生
    「猫ブーム」の陰で―日本人と猫の歴史から考えるペットとの共生
     日本では、2012年をピークに犬の飼育数が減少しているのに対して、猫の飼育数は年々増えつづけています。空前の猫ブームは、安倍政権の経済政策「アベノミクス」にならって「ネコノミクス」とも呼ばれます。現在の猫ブーム、そしてペットの飼育が抱えるさまざまな問題を追ってみました。 - 日本人は昔から猫が大好きだった -  アフリカ原産の猫は、文明の発達にともなって世界中に広がりました
    記事全文を読む

40 件みつかりました。

バナー
デジタル新聞

企画特集

注目の職業特集

  • 歯科技工士
    歯科技工士 歯科技工士はこんな人 歯の治療に使う義歯などを作ったり加工や修理な
  • 歯科衛生士
    歯科衛生士 歯科衛生士はこんな人 歯科医師の診療の補助や歯科保険指導をする仕事
  • 診療放射線技師
    診療放射線技師 診療放射線技師はこんな人 治療やレントゲン撮影など医療目的の放射線
  • 臨床工学技士
    臨床工学技士 臨床工学技士はこんな人 病院で使われる高度な医療機器の操作や点検・

[PR] イチオシ情報

媒体資料・広告掲載について